JP7FKFの備忘録

ヒトは,忘れる生き物だから.

Synology NAS(DS918+)とESXi 6.5をiSCSIする

わりと簡単にできたのでメモっておく. やりたいこと SynologyのNAS(DS918+)とESXi 6.5の間をiSCSIでつなぐ. Synology NASがtarget, ESXiがinitiator CHAP認証してみる. やりかた ここ見るとさくっとできる. DiskStation Manager - Knowledge Base | Syno…

ubuntuでstrongswanしてlogを設定するとapparmorに殴られた

ubuntuの鎧が硬かったのでメモっておく.charonはデフォでsyslogにlogを吐いてくるのでややウザく,/var/log/charon/logにログ出力しようとしたのが事の発端. 例えばこんな風にして軽率に/var/log配下にlogを書こうとする jp7fkf@lab1:~$ cat /etc/strongsw…

systemdにpython scriptをservice登録してdaemon化する

もう十分internetに知見が転がっていると思うが,pythonをdarmon化したくなったので自分のためにもメモっておく. 適当にservice fileを書いてやればいいだけ.もはやpythonだからとか関係ない. ただshebangは書いておかないとダメかも.permission的にはも…

OVAをqcow2にconvertする

OVAイメージをqcow2にconvertして利用したくなったので調べてみた. VMを構成するためのファイルというのは,いくつかの種類がある. よく聞くのがova, ovf, qcow2などではないだろうか. 今回はこれらのファイルについての意味合いの理解を深め,仮想イメー…

RFC 3074を読んでみた話

RFC 3074 - DHC Load Balancing Algorithm RFC3074はDHCPのロードバランシングアルゴリズムについての手法が書かれたものである. keaのHA構成について調べてるところ,RFCを読んでみたくなり,和訳してみたので載せてみます.特に意味はありませんが,何か…

Kea DHCPのHigh-Availabilityを検証する - (2)Act-ActのLoad-Balancing構成を組む

ゴール Kea DHCPを用いてAct-ActのLoad-Balancing High-Availability構成を組み,動作させることができること. Kea DHCPでLoad-BalancibngモードのHA構成を組む Introduction 前回,Kea DHCPでhot-standby構成のHA構成を組む方法について紹介をした. 今回…

Kea DHCPのHigh-Availabilityを検証する - (1)Act-Sbyのhot-standby構成を組む

ゴール Kea DHCPを用いてAct-Sbyのhot-standby High-Availability構成を組み,動作させることができること. About Kea DHCP Kea DHCPとは,ISC DHCPの後継として開発されているオープンソースのDHCPサーバプログラムである. MPL2.0ライセンスのもとISCのGi…

Cisco Aironet APの動作モードを変更する

概要 Cisco AironetシリーズのAPにおけるAPモードにはWLCを利用してconfigurationを行い動作する'Lightweight Mode'と,単体でスタンドアロンモードのように自律動作する'Autonomous Mode'が存在する. この記事ではCisco Aironetシリーズのモード変更を行う…

Google Cloud Certified - Professional Cloud Architect を受けた話

先日Google Cloud Platformの認定資格であるProfessional Cloud Architect を受験する機会を与えられたので受験してきてみた. はじめに結果から述べると,無事合格していた.この記事ではProfessional Cloud Architectを受ける上で重要となってくる点などの…

Rebuild Meetup 2019に行ってきました

rebuild.fmでおなじみのfastly @miyagawaさんが日本にいらっしゃるということで,4/12にmeetupが急遽企画されたらしいという電波を受信し,行ってみたいなーと. 4/12 (Fri) 19:30 から東京でミートアップと公開収録を開催します! https://t.co/96qVa62TVV …

2018年買ってよかったもの

2018年買ってよかったもの なんか周りで書いてる人が多いので便乗して私も書いてみます. 主にAmazonの注文履歴とにらめっこです. 今年は一人暮らしを始めたので,たくさんのものを買った気がします.来年からはちょっと少なめになるかな? 2018年は51件ほ…

2018年を振り返りつつ2019年を眺める

2018年もいよいよ年の瀬.私の生まれた平成という時代も,もうすぐに終わろうとしています. 私の過ごした2018年を振り返りつつ,次の2019年をどう生きるかを書いていきたいと思います. 後からみたときに,今何をしてい(る|た)かがわかるように.... 2018年…

Cisco Catalyst 2960G switchを修理した話

壊れたCisco Catalyst 2960Gなswitchを譲渡してもらった. 壊れたCisco のCatalystスイッチを譲渡していただける機会があった. 私はモノを修理するのが好きなので,今回も治すことを試みた. 症状としては,電源を入れてもコンソールからは何も出力されない…

Geekbuying でXiaomi Huami Amazfit Bip Lite を買ってみた話

Smart な Watch がほしかった. smartなwatchというのもたくさんある.代表的なのはApple WatchとかApple WatchとかApple Watchとか. 私はPodCastを聴いていて特にしばしば聞くのがRebuild.fm である. このPodCastの中で,smart watch の話題が出ていて,…

第36回電通大コンテストの結果

題のとおりです. 2017年に開催された第36回電通大コンテストの結果がかなり前に発表されておりました. 私は7MHz部門に参加し,113QSOという結果でした. 第36回電通大コンテストに参加した - JP7FKFの備忘録 結果は... ちなみに2015年に開催された第34回電…

SW4STM32で実数型をsprintfするときのtips

SW4STM32で実数型の値を出したくて,実数型のフォーマット指定子である%fをいれてみたらエラーが. なんでやねんって話である. これが組み込みプログラミングらしいところで,おそらく実数型のsprintfはコードサイズが増えるため,デフォルトでは利用しない…

STM32マイコンでADCを使ってみる話

最近はPICよりかはSTM32を用いて電子な工作をしている. 基本的なペリフェラルとして,GPIO(論理出力/入力),ADC, PWM,Timer(割り込み),通信系(I2C,SPI,USART,I2S,CAN,USBなどなど)等がある.このうちでもセンシング等でよく利用されるのがADCであろう.…

ACS758を使ってカジュアルに電流計を作った話

電流を測りたくなったのでわりとカジュアルに電流計を作ってみた. 電流を測定するにあたって,使ったのはAllegroのACS758というもので,このうちの,ECB-200Bというモデルのホール効果を利用した電流センサを利用した. こいつは±200Aの電流を測定すること…

MBPにSDカードを挿してストレージ問題を解消する話

わたしのMacBookProはMid2014な13inch retinaなやつ. もうしばらく使ってる. 私はメインPCをデータの倉庫にしてあり,そいつが最新になるように管理している. ラップトップにはそのメインPCからデータをコピーして持ち歩いている. コピーはバックアップ…

勉強って難しいよねって言う話

ただ考えたことを書き殴る.読み手のことは考えていない. 勉強は2段階か3段階必要な気がする.ひとつはきっかけを作り,知る勉強. そしてそれを確かめる勉強.確かめて自信になったものが自分のものとなる. 勉強することって難しいなって思った. そもそ…

System workbench for STM32の.runインストーラからのインストール方法 on macOS

前にSW4STM32の.runでのインストールでつまずいて結局jarで入れたとか書いたけど,ちゃんとinstruction読んだらrunですんなりできたので報告. Installing on MAC OSX Warning: To run System Workbench for STM32 on MAC OSX systems, XCode is required. T…

テクトロニクスのオシロスコープTDS3012Bを修理する話

テクトロニクスのオシロスコープをヤフオクで入手した. DPOなTDS3012Bである. 帯域100MHzの2ch入力品. 一応起動することは確認されて販売されていたが,到着して開封して操作して見ると,HORIZONTAL(時間軸)のつまみがおかしい.何やらどちらに回しても…

STM32/CubeMX/SW4STM32/ST-Linkv2(nucleo)でLチカする話

前回の記事でmacでのSTMマイコンの開発環境構築までを行った. macでstm32な環境をとりあえず作る 今回は,構築した開発環境でプロジェクトを作成してプログラムを書き,プログラマ(ST-LINKv2)を利用してマイコンチップにプログラムの書き込みを行い,Lチカ…

TDR測定用のパルス生成器を作ってみた話

TDRって. TDRとはTime Domain Reflectometryの略で,TDR測定というものは,時間領域反射測定ということになる.これで何をしようかというと,ケーブル類の障害点などがわかったりするのだ.なぜそのようなことができるのかというと,ケーブル類にパルス状の…

SONY APMスピーカーのエッジ張り替えをしてみた話

身の回りに壊れたスピーカーがあったので修理してみた. スピーカーのコーン部分は,エッジと呼ばれる部品を通して外側のフレームに固定されている. このエッジは,コーン紙を支える役割や,ボイスコイル,コーン紙の振動により生じた音圧のうち,フロント…

FCC試験にチャレンジした話

日本でアマチュア無線を楽しもうと思うと,日本無線協会が主催する試験に合格するなどして,1〜4級のアマチュア無線資格を得て運用を開始することが一般的だ.この度米国管理下の土地で運用をすることとなり,米国のライセンスが必要となったことや,もとも…

アンテナチューナを自作してみた話

アマチュア無線をやっていると,無線機とアンテナを接続して電波を出すことになる. アンテナと無線機は一般に50Ωの特性インピーダンスで統一されて設計されている. この特性インピーダンスがアンテナと無線機であっている(整合している)ということは,無…

第36回電通大コンテストに参加した

7月下旬に開催された電通大コンテストに参加していた. QSO数は前回参加(第34回)したときよりも落ちてしまい113QSOだった. 10QSOも落ちてしまった.反省するべき. CWを聞き取る能力も落ちてしまっているし,もっと訓練が必要. あとはrunとS&Pの比率もこ…

ScanSnap S1500のパッドユニットのパッドを交換してみた話

ScanSnap S1500をオークションで入手したのだが,パッドユニットのパッドが相当磨耗してしまって重送が起こっており,スキャン時のストレスがひどかった. このパッドユニットというものは,ただのゴムがいいサイズにカットされていい角度に配置されているだ…

3GHzくらいまで使えるダミーロードを自作した話

BARRY TA50-R0-60-2Qっていう終端抵抗が以前秋月で販売されていた. 残念ながら今はもう販売されていない. 60Wと250Wのものがあって,250Wは下記のようなパッケージで販売されていた. 60Wのほうは結構高周波まで使えて,2.5GHzくらいまでは仕様上行けるよ…