JP7FKFの備忘録

アマチュア無線(JP7FKF)をやっている.電子工作,機械工作,ものづくりが好き.

TOTO TKGG31型の水栓のバルブカートリッジを交換した話

家の人から,蛇口の取っ手がガタガタして困っているという報告を受けた. 蛇口の取っ手のネジの緩みかと思ったが,締め直しても改善せず,取っ手を取り外して見てみるとバルブカートリッジの流量調整部の部分そのもの(レバーハンドルが取り付けられる場所)が若干がたついていた.数年使っているので,バルブカートリッジを交換することにした. うちの水栓のバルブカートリッジはTOTOのTKGG31型というのに当てはまるようで,これに適合するTHF29型というバルブカートリッジを発注した.
f:id:jp7fkf:20170503232236j:plain:w500
中身はこんなかんじ.カートリッジ本体とクリックユニット,あとはネジが2つ.
f:id:jp7fkf:20170503232253j:plain:w500
さて,早速水栓をバラしていきます.水道を元栓を閉めて作業を行います.これを忘れると大変. まずはレバーハンドルを取り外します.インデックスをマイナスドライバーやらで外して,蛇口を開き,六角レンチでレバーハンドルを固定しているネジを緩めます.
f:id:jp7fkf:20170503232256j:plain:w500
バーハンドルが外れるとこんな感じ.
f:id:jp7fkf:20170503232301j:plain:w500
カバーを軽く回して引き抜きます.
f:id:jp7fkf:20170503232303j:plain:w500
クリックユニットを外します.取るだけ.
f:id:jp7fkf:20170503232309j:plain:w500
するとステンレスのボルトが3本見えてきます.これとその下のプレートで,バルブカートリッジを押さえつけて止めています.この六角ボルトを緩めて外します.
f:id:jp7fkf:20170503232318j:plain:w500
するとバルブカートリッジが外れます.これを交換してやります. f:id:jp7fkf:20170503232531j:plain:w500
バルブカートリッジを入れるときは,向き等に注意して位置合わせをしっかりとやります.突起があるのでわかりやすい.
戻すときは全く逆の手順で戻します.これで終了です.簡単.
見事レバーハンドルのがたつきも解消し,水栓の開閉時の抵抗も少なくなりました.めでたし.